なぜ婚活が不調!?婚活が上手くいかないとき振り返りたいこと

婚活という言葉もすっかりおなじみのものとなり、「そろそろ結婚したい」「いい人と出会って結婚できたらいいな」と婚活に励んでいるアラサー・アラフォー女性はたくさんいます。周りに「婚活をしている」と伝えると、温かく応援してもらえることも多いでしょう。

 

しかし同時に、「婚活を頑張っているのになぜか上手くいかない……」と悩む女性も増えています。どうして婚活はなかなか上手くいかないのでしょうか?以下で、婚活が上手くいかない時に振り返りたいことをご紹介します。参考にしてみてください。

 

 

理想が高すぎないか

婚活をすると、結婚相手に求める条件を考えるいい機会になっているという女性もたくさんいます。しかし、求める条件が高すぎる、すなわち理想が高すぎることにより、婚活がなかなか上手くいかないという女性も多いのです。

 

「結婚するなら高収入で、身長の高いイケメンで、優しくて……」と、高すぎる条件を語る女性は多いものです。けれども例えば収入面で考えると、非正規雇用者も多い昨今、正社員の未婚男性の絶対数は少なく、厳しい競争になってしまいます。

 

収入を確保したいならば、女性が働いている場合、自分で使う分は自分自身で稼ぐと考えることもできます。「結婚相手に対して絶対に譲れない条件は何だろう?」と、自分の本当に求める条件を見つめ直すことも必要です。

 

第一印象で判断していないか

婚活では、メッセージをやりとりして一度会ってみようという話になったり、婚活パーティーで直接会ったりして、男性と向かい合って話す機会も数多くあります。ただ、女性と同じように婚活を行う男性が、会話を得意としているとは限りません。

 

一度会って、「なかなか話をしてくれない。つまらない人だ」と第一印象で判断することはないでしょうか?「話すのが苦手な男性=つまらない男性」と決めつけてしまうと、もしかしたら他の条件があなたにぴったりかもしれない、好条件の相手を逃している恐れがあります。

 

人見知りしがちで話すのが苦手な男性でも、2人で会うことに慣れてくると少しずつ話をしてくれ、案外良さそうな人だと思えたり、相性がいいことに気付いたりする場合もあります。第一印象で判断しすぎないことも大切なのです。

 

自分のアピールポイントが整理できているか

あなたのアピールポイントは何でしょうか?料理が得意なこと、家事をきちんとできること、仕事を頑張っていることなど、さまざまなアピールポイントがありますが、中には「こんなことでもアピールできるの?」と自分自身では思ってしまうことが、アピールポイントになり得る場合もあります。

 

例えば、「自分はなかなか積極的に話すことができない」と感じているとしても、周りからは「人の話をきちんと聞いてくれる人」と好意的に捉えられていることも多いのです。短所は長所と表裏一体です。自分では短所と感じているところを、相手は長所と受け取ってくれるかもしれません。

 

一見短所に見えることでも、あえてポジティブに長所として受け止め、アピールしてみると、新たな魅力につながる可能性が高まります。自らの性格や性質をさまざまな面から眺めてみて、アピールできるポイントを探っていきましょう。

 

自分に合った婚活のやり方ができているか

人には向き不向きがあります。人と話すのが得意な人もいれば、文章に書くことで自分自身を上手く表現できる人もいます。婚活にもさまざまな方法がありますが、自分に合った婚活のやり方をきちんと選べているでしょうか?

 

人と話すのが得意な人は、婚活パーティーなどで初対面の男性と話しても楽しく盛り上がれます。逆に、話すのが苦手な人が婚活パーティーに参加すると、なかなか自分のことを上手く話せないことも多いでしょう。自分に合った婚活のやり方ができているか、いま一度確認してみてください。