男性が結婚を考える5つのタイミング

結婚を考えるタイミングは女性と男性で違ってくるものです。特に男性は結婚すれば家族に対して責任が出てくるものですし、何かしらきっかけがあって結婚を考える人は多いと言えます。

これから婚活を始めるなら、素敵な男性と出会い結婚のチャンスを広げていくためにも、男性が結婚を考えるタイミングについて知っておいた方が良いかもしれませんね。男性の結婚観について知っておくことは、結婚相手を選ぶうえで男性というものを知ることの一環になります。

今回は、男性が結婚を考えるタイミングについて、具体例をあげながら解説していきたいと思います。婚活に対して意識が高まってきた女性の方は、ぜひ以下を参考にし、良いお相手を見つけてくださいね。

彼女から、結婚についての話しをされた時

それまでに付き合っている彼女がいるなら、彼女から結婚についての話をされたことで結婚への意識が高まる男性は非常に多いです。結婚を意識し始めるのは女性の方が早いことも多いです。女性は出産などのタイミングもありますし、結婚式への憧れを抱きやすいのも若い女性の方が多いでしょう。

それに、結婚するならやはり相手の人となりを何年か交際して見極めていきたいものです。それなら、今まで付き合ってきた彼女を結婚相手として意識するのも自然なことですね。今まで仕事やプライベートばかりで結婚のことが頭になかった人でも、彼女から促されるかたちで結婚を決めるパターンはとても多いと言います。

遠方への転勤が決まった時

実は、遠方への転勤が決まった時も男性が結婚を考えるタイミングの一つだと言います。何も知らない土地へ一人で行くのも心細いと考える人も多いのでしょう。だからこそ、結婚相手や彼女を欲しがる男性はたくさんいます。

転勤のタイミングで結婚を意識している彼女がいなかった場合は、結婚を前提として付き合える彼女を作りたいと思うはずです。そのためよく言われるのは、好きな男性に転勤が決まった時は、アプローチのチャンスだということです。

将来の二人の姿がイメージできた時

今付き合っている彼女と、将来の二人の姿がイメージできたときも、男性にとって強くけ婚を意識するタイミングだと言います。普通に恋人として付き合ってくると、意外とその恋人同士の空気感になじんでしまって、結婚につながることはないことも多いです。

そんなとき友人の結婚を聞いたり、ドラマや映画などに触発されたりなどして、自分たちの結婚を考える時期が来ます。そのときにはお互い社会人としてしっかり自立をしているはずです。すると二人の将来の姿がイメージでき、自然と結婚を考えるようになるのです。

交際期間が長くなってきた時

彼女との交際期間が長くなってくると、自然と結婚も考えるようになってくるものです。交際期間が長いということは、お互いにそれなりに年齢を重ねてきているということです。お互いに結婚適齢期を迎えることにもなるでしょうし、このまま付き合っているなら結婚で…と考える男性も多いのです。

そもそも男性には責任もありますし、長く付き合ってきたからこそ今さら結婚しないという理由で別れるのも気が引けるでしょう。また、新しく結婚相手を探すのも大変ですし、今の彼女と心地よい空気が作れているのであれば、そのまま結婚を考えるのも自然なことです。

周囲からのプレッシャーを受けた時

仕事やプライベートが充実していると、自分ではなかなか結婚への意識が高まらないことも多いものです。特に男性は仕事にやりがいを感じて、仕事ばかりになる時期も多いですし、加えて彼女もいなければ結婚を考えるタイミングなんてなかなか来ないですよね。

ですが、そんな男性をやはり周りの人は放っておかないものです。家族や友達、上司などから、結婚適齢期に入れば「結婚はしないのか」という質問は頻繁に飛んでくるでしょう。すると本人は嫌でも結婚を意識せざるを得ません。

友人が皆結婚してしまうと、勝手にプレッシャーを周りから受けているように感じる人も多いはずです。自分から結婚を意識できない人でも、周囲のプレッシャーがきっかけとなって結婚を考え始める人は非常に多いのです。

男性が結婚したくない女性の特徴

自分が思い描いていた年齢、時期にうまく結婚を決められる女性は、しっかりと男性が選びたくなるような魅力を持っている女性が多いです。しかし逆に、男性が結婚したくないと思うような特徴ばかりを持っている女性は、男性から選ばれることも少なくなりがちで、婚期を逃してしまう傾向はやはり強いものです。

 

せっかく結婚願望があるなら、自分が想定していた年齢、時期に幸せな結婚がしたいですよね。そのためにも、自分の中にマイナス要素があるなら少しでも取り払って自分磨きを徹底しておきたいものです。

 

今回は、結婚がしたい女性のために、男性が結婚したくない女性の特徴について触れていきたいと思います。以下のような特徴を持っている女性は要注意ですので、ぜひ気をつけてみてくださいね。

 

 

家事が苦手

家事が苦手な女性は、男性からそもそも女性扱いされないことが非常に多いです。男女平等な社会で、女性でも社会に出てたくさん仕事をしていく世の中になったとはいえ、やはり家事は女性がやるものという無意識のうちに持っている男性もたくさんいます。

 

家事が完璧にできてこそ「女性らしい」と思われることが多いのも事実です。家事ができる女性は家庭的で良妻賢母な印象がとても強く、男性にとっての理想の結婚相手だからですね。

 

家事全般が不得意で、部屋の中をいつも片付けられず、ご飯もコンビニで…という生活を送っている干物な女性は、婚活のためにも生活から改めた方が良いかもしれませんね。家事の能力を磨くことが、素敵な相手と巡り会うことに繋がってくることは間違いないですよ。

 

 

お金にだらしがない

あなたはお金の管理をしっかりとしている自信はありますでしょうか?もしくは、あなたの金銭感覚は一般的なものから大きくズレてはいないでしょうか?お金にだらしがない女性も男性からは疎まれてしまいがちです。

 

お金にだらしがない女性の多くは、買い物などで浪費する癖が強く、「お金がかかる女」と思われることも多いです。一緒にいて必要以上に出費してしまうような女性とは、お付き合いしたくないと考える男性が多いのは当然でしょう。

 

それに、もし一緒に家庭を築くことになれば、家計を共にすることになります。お金がかかる女性、お金にだらしがない女性と一緒の家庭で、男性は一家の大黒柱を務めたいとはなかなか思えないですよね。お金にだらしがないことは、結婚するうえでマイナスなポイントでしかないのです。

 

 

文句や愚痴が多い

一緒にいて文句や愚痴ばかりを口にしている女性は、同性の友達からも嫌われやすいように、男性からもよく思われないことが多いのは事実です。一緒にいてもネガティブなことしか話さないということになりますので、一緒にいて楽しいと思われることがそもそも少ないのです。

 

人柄を重視して結婚する人はほとんどなので、やはり明るくて優しい女性はとても好かれる傾向にあります。一緒にいて心地よい空気、楽しい空気を作ってくれる感じが、男性にとって印象が良いのは間違いないでしょう。普段から文句や愚痴が多い人は、話題にすることを少しでも変えてみることが一番ですね。

 

 

話し合いができない

すぐに感情的になって話を聞こうとしない人や、そもそも自己中心的で他人の意見を聞こうとしない人も、結婚相手として好かれる傾向はないと言えます。なぜなら、結婚生活の中で話し合いや相談は絶対に必要なものだからです。

 

話し合いができない女性とは、夫婦同士歩み寄って良い家庭を築いていくイメージをなかなか持ってもらえないでしょう。幸せな家庭を築いていける良いイメージを持ってもらいやすい女性になるには、話し合いや相談がしやすく、気遣いや優しさに長けていることが不可欠ですね。

なぜ婚活が不調!?婚活が上手くいかないとき振り返りたいこと

婚活という言葉もすっかりおなじみのものとなり、「そろそろ結婚したい」「いい人と出会って結婚できたらいいな」と婚活に励んでいるアラサー・アラフォー女性はたくさんいます。周りに「婚活をしている」と伝えると、温かく応援してもらえることも多いでしょう。

 

しかし同時に、「婚活を頑張っているのになぜか上手くいかない……」と悩む女性も増えています。どうして婚活はなかなか上手くいかないのでしょうか?以下で、婚活が上手くいかない時に振り返りたいことをご紹介します。参考にしてみてください。

 

 

理想が高すぎないか

婚活をすると、結婚相手に求める条件を考えるいい機会になっているという女性もたくさんいます。しかし、求める条件が高すぎる、すなわち理想が高すぎることにより、婚活がなかなか上手くいかないという女性も多いのです。

 

「結婚するなら高収入で、身長の高いイケメンで、優しくて……」と、高すぎる条件を語る女性は多いものです。けれども例えば収入面で考えると、非正規雇用者も多い昨今、正社員の未婚男性の絶対数は少なく、厳しい競争になってしまいます。

 

収入を確保したいならば、女性が働いている場合、自分で使う分は自分自身で稼ぐと考えることもできます。「結婚相手に対して絶対に譲れない条件は何だろう?」と、自分の本当に求める条件を見つめ直すことも必要です。

 

第一印象で判断していないか

婚活では、メッセージをやりとりして一度会ってみようという話になったり、婚活パーティーで直接会ったりして、男性と向かい合って話す機会も数多くあります。ただ、女性と同じように婚活を行う男性が、会話を得意としているとは限りません。

 

一度会って、「なかなか話をしてくれない。つまらない人だ」と第一印象で判断することはないでしょうか?「話すのが苦手な男性=つまらない男性」と決めつけてしまうと、もしかしたら他の条件があなたにぴったりかもしれない、好条件の相手を逃している恐れがあります。

 

人見知りしがちで話すのが苦手な男性でも、2人で会うことに慣れてくると少しずつ話をしてくれ、案外良さそうな人だと思えたり、相性がいいことに気付いたりする場合もあります。第一印象で判断しすぎないことも大切なのです。

 

自分のアピールポイントが整理できているか

あなたのアピールポイントは何でしょうか?料理が得意なこと、家事をきちんとできること、仕事を頑張っていることなど、さまざまなアピールポイントがありますが、中には「こんなことでもアピールできるの?」と自分自身では思ってしまうことが、アピールポイントになり得る場合もあります。

 

例えば、「自分はなかなか積極的に話すことができない」と感じているとしても、周りからは「人の話をきちんと聞いてくれる人」と好意的に捉えられていることも多いのです。短所は長所と表裏一体です。自分では短所と感じているところを、相手は長所と受け取ってくれるかもしれません。

 

一見短所に見えることでも、あえてポジティブに長所として受け止め、アピールしてみると、新たな魅力につながる可能性が高まります。自らの性格や性質をさまざまな面から眺めてみて、アピールできるポイントを探っていきましょう。

 

自分に合った婚活のやり方ができているか

人には向き不向きがあります。人と話すのが得意な人もいれば、文章に書くことで自分自身を上手く表現できる人もいます。婚活にもさまざまな方法がありますが、自分に合った婚活のやり方をきちんと選べているでしょうか?

 

人と話すのが得意な人は、婚活パーティーなどで初対面の男性と話しても楽しく盛り上がれます。逆に、話すのが苦手な人が婚活パーティーに参加すると、なかなか自分のことを上手く話せないことも多いでしょう。自分に合った婚活のやり方ができているか、いま一度確認してみてください。