警察官と結婚する6つのメリット

警察官の男性と結婚するとどんなメリットがあるか?この記事では、警察官と結婚すると味わえる、6つのメリットをご紹介します!

【1】収入&年収が高い

お金については結婚する上で、どの女性でも気にする事だと思います。結婚相手が働いて無い人より、働いてる人。働いている人の中でも、収入(年収)が高い職業と考えるのは普通です。

その中の職種でも、警察官は公務員なので収入が安定して入ってくるので生活のリズム(収入と支出)が把握しやすいです。給料も年数が経つほど、上がっていくので必然と年収も上がっていきます。そしてお給料は一度上がると下がる事はまずありません。

民間の企業だと会社の業績によって収入を減らされたり、ボーナス削減などありますよね。警察官にはそれがありません。警察官は、退職金も民間企業より高いと言われているので、退職後も退職金を使いながら生活できるのがメリットです。

【2】安定している(精神的安心感がある)

警察官は民間企業と違い会社都合でのリストラ(クビ)がありません。犯罪を犯したなど、よっぽどの理由が無い限りはクビにならないのです。民間企業だと大手だろうが、中小企業だろうがリストラの危機は常にあります。いつリストラされるか分からないのは、とても精神的に苦しいですよね。ですが公務員である警察官はこの様な心配がないのです。

そして、警察官は定年後の再就職の場も充実しています。役所の書類整理や公園の管理など様々な所で働く事ができるのです。その際働いてもらえれば、収入は現役の時よりは減りますが、一定の金額は得られます。定年して家にいる旦那に嫌気がさしたり、ずっと家にいると肩身が狭い、といった事はないでしょう。

社会的信用もかなり高い職業なので、ローンの審査を通す時にまず困る事は無いでしょう。家や車のローンが通らなかったと言うことはまず無いと言ってもいいです。

【3】頼り甲斐がある

警察官は常に何かしらの事件やトラブルなどを法律に基づき対応している職業です。警察官と結婚すると、もしも生活を共にしている際、突破的なトラブルになって困ってしまっても冷静な目や考えで判断してくれます。

その時も警察官という職業柄、正しい判断をしてもらえれば、万が一間違った判断をしてしまいそうな時もしっかり正してくれます。

【4】周りから羨ましがられる

旦那さんが警察官と言うと、周りからはとても羨ましがられる事が多いです。警察官の奥さんはなんだか鼻が高い気分を味わえますよ。なぜ警察官の旦那さんを持つと羨ましがられるのでしょうか?それは、警察官は公務員で高収入、そして清潔感を感じられ、社会的にも真面目な人が務める職業だと皆が思っているからです。

小さい子供に警察官の事を聞いても、悪い人を捕まえる正義の人と答えるでしょう。まるでテレビで放送している正義のヒーローのようです。

周りから見た警察官になる人のイメージは、年齢問わず皆んなに優しく、困った事があればどんなささいな事でも真摯になって相談にのってくれて、最後は助けてくれる。正義感があり、悪い事は絶対にしない。そして警察官になるには家柄も良い事が多い為、結婚しても幸せになれそうなイメージがあげられると思います。

その為、周りからは◯◯さんのお宅は旦那さんが警察官だから良いわね!なんて言われる事もあるかもしれません。

 

【5】肉体が引き締まっている

警察官は警察学校で柔道や剣道など、何かしらのスポーツをして自らの肉体を鍛えあげている人が多いです。体格も良い人が多いので、重い物も軽々と運んでくれるでしょう。

筋肉や身体が締まっている人が好きな人にはオススメです。そうして鍛えた身体で家族をしっかりと守ってくれる様な安心感があります。

 

【6】転勤は多いが様々な土地に行ける

これをデメリットと考える人も多いと思いますが、警察官は転勤が必ずある職業です。転勤をするということは、様々な地域を知るチャンスでもあります。そう思えば、引っ越し先の住む家も職場が用意してくれますし、更に家族寮であればかなり安く住む事が出来るのでとてもお勧めです。

普通なら知らない土地に行く機会だと、旅行でしか行く機会は無いと思いますが、警察官と結婚すると、様々な土地に転勤で行く機会があるので、知らない土地を知る楽しみが増えます。

警察官の彼女・結婚相手にピッタリの女性像4つ

警察官は、女性が結婚したい男性の職業ランキングでも常に上位にいます。公務員の代表格の警察官は、収入や安定していてかつ高給も期待ができるので、いつの時代も人気が高いのは間違いありませんね。

でも、人気があるからこそ、婚活パーティーや婚活サイトなどでも警察官の男性の周りにはライバルの女性がいっぱいです。絶対に警察官の男性を結婚相手として狙いにいくなら、警察官にピッタリの女性になれるように自分の魅力を上げていくことも大切でしょう。

では、警察官にピッタリの女性とはどんな女性でしょうか?以下で警察官にピッタリの女性の特徴についてご紹介いたしますので、ぜひ婚活のときに役に立ててくださいね。

 

【1】夫に頼らず、家の仕事がしっかりできる

警察官の仕事に、あなたはどんなイメージがあるでしょうか?皆から尊敬されるような誇らしい仕事ではありますが、世のため人のため身を削って仕事をしていく性質上、やはり多忙の仕事であることは間違いないことです。

いつも定時でカレンダー通りの勤務というわけにもいきませんし、非番の日でも緊急で呼び出しがかかることもしばしばです。そのため、家を空けていることが多いのが特徴的なのです。つまり、もし警察官と結婚したら、ある程度は一人で家庭をまわしていく強い気持ちが必要になります。

必要以上に夫に依存することなく、家のことはしっかりと自分で責任を持ってやれる器量は絶対に必要になります。一緒にご飯を食べて、一緒に子供と遊んで、一緒に寝て…というような温かい家庭づくりははっきり言って望めない可能性は高いのです。

 

【2】結婚したら仕事を辞めて、家庭に入りたいと思っている

お伝えしたように、警察官は多忙を極める仕事です。休みもなかなかなく、業務自体も非常にハードなものも多いため、疲れて家に帰ってくる男性がほとんどでしょう。疲れて帰ってきた夫を癒やすものとは何でしょうか?それは温かく迎えてくれる妻の存在に他なりません。

結婚したら仕事を辞めて、家庭に入りたいと思っている人は、このように警察官の仕事で疲れて帰ってきた夫を支えるのに非常に向いています。夫も安心して家事を任せることができますし、妻として温かく自分をいつも迎えてくれるのは幸せなことでしょう。

結婚しても仕事はまだまだやりたい!という人は、警察官の夫を支えるどころか、お互いの仕事ですれ違いも増え、ささいなことでの喧嘩も絶えなくなってしまう可能性があります。

 

【3】働き場所に困らないほど、手に職をつけている

警察官には転勤や異動もたくさんあります。妻としてしっかり夫を支えるため、どんなところに転勤になってもついていく心づもりは不可欠ですが、そのために女性は、働き場所に困らないほど手に職をつけていることが望ましいです。

もちろん自分は働かずに警察官の夫を支えることができるのが一番ですが、子供が大きくなってきて教育費がかさむ場合は、自分もやむを得ず働きに出なければならないでしょう。そのとき、ある程度どこでもすぐに仕事が見つけられる状態にあることが重要なのです。

転勤のたびに仕事に困りたくはないですよね。資格を取得していたり、特定の分野での経験が抜きんでていると、夫の転勤があってもある程度はすぐに対応できることが期待できます。

 

【4】将来は安定した生活を送りたい

警察官の男性は、安定してある程度の高収入を得られることが何よりの魅力です。確かに相当なキャリアでもない限り、年収1000万円を超えるような高給は望めないかもしれませんが、子供のいる温かい家庭で、安定した生活を送りたいという気持ちが強い人には、警察官の男性がピッタリです。

これがもし会社経営者などが相手の場合、ビジネスが成功すれば一攫千金的に一気にセレブになれる可能性もあります。でも、危ない橋であることには変わりありません。普通に温かい家庭を築いて、普通に幸せをつかみたいという人は、リスクのある職業の人相手では苦労してしまうでしょう。

その分警察官は安心ですね。堅い職業ですし、途中で収入が大きく上下するようなこともあまりありません。慎ましく、普通に安定した生活をしていきたいという女性は、ぜひ警察官の男性を結婚相手としてゲットしたいところですね。

Omiai

Omiai(オミアイ)はFacebookを利用した恋活アプリです。Omiaiの累計会員数は250万人で毎日約1万組のマッチングが成立しているので、恋活をしたい人にはとてもオススメの恋活アプリになっています。しかもOmiaiでは女性ファッション誌や多くのマスコミなどで取り上げられているので、知名度も高いです。これまでOmiaiを取り上げてきた雑誌は「anan」「NIKKEI」「朝日新聞」「産経新聞社」「週刊東洋経済」などもありますので、女性からの認知度は抜群です。

 
Omiaiの使い方は、まずは気になる異性に対して「いいね!」を押します。いいねを押した相手も「いいね!」を返してくれたら、マッチングが成立します。そこから、お互いに自由にメッセージ交換をし合っていきます。メッセージを数回行って、もしお互いに相性が良い事が分かったら、実際に会ってみるというのが、Omiaiの一連の流れです。
OmiaiはFacebookを通して恋活を行うのですが、FacebookページにOmiaiを利用している事はFacebookの友達には知られない仕組みになっています。しかも、Facebookで繋がっている友達・知り合いはOmiai利用時の検索結果に表示されないようになっているので、安心してアプリを使用する事ができます。しかも、Omiaiでは実名を出さなくて良いのもメリットです。Omiaiでは実名では無く「イニシャル」「ニックネーム」で表示されるので、Omiaiを使っている全ての人に実名が知られる事はありません。

しかも、Omiaiではしっかりとしたサポートもされていて、カスタマーサービスが24時間365日の厳重な監視を行っています。不審なユーザーや不正なユーザーがいたら、警告や強制退会の対応をしています。ちなみに、Omiaiでは年齢確認の通った人だけがメッセージ交換をすることができるので、年齢を偽っている人を除外できるのも安心安全に利用できる環境になっています。

 
Omiaiは登録自体は無料ですが、有料会員になる事によって、有料会員にしかできない多くの機能を使う事ができます。例えば、「メッセージし放題」「いいねの保有上限なし」「相手の貰っている、いいねの数が分かるようになる」などの機能です。有料会員になることで、恋活をスムーズに進めることができます。有料会員プランは「1カ月プラン」「3カ月プラン」「6カ月プラン」「12カ月プラン」に分かれていて、支払い方法は「クレジットカード決済」「電子マネー決済」「コンビニ決済」「AppleID決済」「GooglePlay決済」などが対応しています。

エクシオ

異性との出会いを求めているあなたには、数ある婚活パーティー会社の中でも特に『エクシオ』の婚活パーティーをおすすめします。なぜならエクシオの開催する婚活パーティーは、9年連続で男女の参加者数がNO.1。まさしく日本最大級の動員数で、本気の出会いを求めるなら、まずは参加したい婚活パーティーだと言えるからです!さらにエクシオでは、参加者へのサービスの充実、お客様満足度の向上に全社を挙げて取り組んでいるので、結果としてエクシオの婚活パーティーに参加された大勢の方から、とても高い評価を受けています。

 

エクシオの婚活パーティーには、参加される方の希望に合わせて、いくつもの種類があります。主なものでは、男女それぞれ二十人~三十人ほどが参加し、周囲の雰囲気をつかみやすい初心者向けのレギュラーパーティー。また同程度の人数で人の目を気にすることなく会話できる個室パーティー。さらに一度に百人ほどの相手と出会える大人数のパーティーのほか、理想の相手に求める職業・趣味など、特にこだわりを持つ方に向けた特別企画のパーティーも存在します。
また全国それぞれの地区のごとに多くの会場場所が用意されているので、どの地域にお住まいの方でも、容易に最寄りの会場を見つけることができます。これに加えて年代別で参加する婚活パーティーを選択し、自分が出会いたい年代の方が参加する婚活パーティーを狙って参加することも可能です。

 
自分の参加したい婚活パーティーを選んだ後は、それぞれの婚活パーティーごとに指定された金額の参加料金を支払う必要があります。当日会場にて現金で支払うこともできますし、エクシオのHPからクレジット決済を選択することもできるので自分に都合の良い方法を選びましょう。参加する婚活パーティーによって、さらに男性と女性で料金が異なるので、自分がいくら支払えばよいのか事前にしっかりと確認しておくと当日スムーズに入場できます。また電話予約ではなくHP上で予約した場合、オンライン予約特典で料金が安くなるので、よりお得に婚活パーティーに参加することができます。

 

当日パーティー会場に到着したら、まずは受付でプロフィールカードを記入します。記入のコツとしてはなるべく背伸びをせず、等身大の自分自身をアピールしましょう。また胸につけるナンバープレートが名前の代わりになるので、しっかりと見えるように付けておくことが大事です。

 

婚活パーティーは最初、1対1のトークタイムから始まります。目の前の相手とプロフィールカードを交換して、楽しく会話をしましょう。その部屋にいる全員の異性と着席の上で会話できるので、気になっているのに話せない人がいるかもと不安になる必要はありません。そうして異性全員との会話を終えたら、次の時間はアプローチタイムです。先ほどの会話で印象の良かった相手に自分の携帯電話番号やメールアドレスを記入したメッセージカードを渡せるので、上手く活用してみましょう。その後は複数人で会話するフリータイムです。もっと話をしてみたいと思った方とお話をすることができます。約3分から4分ほどを区切りに自分の希望する相手と会話できるので、積極的に話しかけてお相手から良い印象を貰えるようにしましょう。

 

エクシオの婚活パーティーへの申し込み方法は二種類があります。電話で予約を行う方法とオンラインで予約を行う方法です。どちらを選んだ場合でも名前、年齢、生年月日、電話番号を登録する必要があるので、正確に登録しましょう。男女どちらも満20才以上で独身の方だけが参加できます。また参加費の支払い方法としては、当日会場で現金で支払うか、エクシオのHP上でクレジット決済ができます。パーティーに気分よく参加するために、受付で戸惑わないようきちんと把握しておきましょう。これに加えて、当日会場では本人確認書類が必要になりますので、忘れずに持って行く必要があります。また急に都合が悪くなりパーティーに参加できなくなった場合は、キャンセル料が発生します。少し遅れても入場は可能ですので、折角の機会を無駄にしないためにも、できる限り参加するようにしましょう。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びは、急速に会員数を伸ばしている人気の婚活サイトです。ゼクシィ縁結びでは、理想の青い手を条件検索できたり、価値観診断でゼクシィ縁結びがおすすめする相性の良いお相手を、毎日4人&年間1460人紹介してもらえます。その後のデートに関しても、コンシェルジュが日程や場所の調整をする、というネット婚活サイト業界初のデート調整代行サービスも提供しています。デート調整代行サービスは、電話番号やLINEなど、個人の連絡先を伝えずにデートが可能ができる機能であり、安心して初めてのデートが行えるメリットがあります。ゼクシィ縁結びは安心・安全な婚活サイトとして、また、マッチング成立後のアフターケアも充実した婚活サイトとして人気なのです。

 
ゼクシィ縁結びの仕組みは、まずメールアドレスかFacebookで無料会員登録。会員登録は非常に簡単でおよそ3分で完了します。その後のマッチングサービスの利用手順としては、価値観診断をし、その後写真の登録と簡単な自己紹介を記載。それから条件で検索もしくは価値観マッチで好みに合うお相手を探します。そして「この人だ!」と思ったお相手に対し、いいね!を送り、そのお相手からいいね!が返ってきたら、マッチングが成立です。マッチング成立後は、お相手とのメッセージのやりとり、となりますが、ここから初めて有料会員登録が必要になります。

 
ゼクシィ縁結びは安心・安全さを重視した婚活サイトです。ゼクシィ縁結びのカスタマーサービスは、利用者がプロフィールや写真を登録した際は、一つ一つ専門スタッフが慎重にチェックしています。会員から預かった個人情報や提出された本人確認書類などは、専用のセキュリティルームで厳重に管理しています。また、実名・生年月日はプライバシーを最大限考慮し、ネット上に公開されることはありません。また支払いもネット上でクレジットカードでのみ済ますことができます。そして婚活以外の目的でのサービス利用、売春、買春、援助交際等、違反行為が蔓延しないように、24時間体制でパトロールを実施しています。

 

ゼクシィ縁結びの料金体系としては、会員登録をし、条件検索や価値観マッチで相手を選び、マッチングが成立する段階までは無料です。そしてその後のメッセージのやりとりの段階から料金が発生するシステムになっています。有料会員のプランとしては、1ヶ月プラン3980円、3ヶ月プラン3600円、6ヶ月プラン3300円、12ヶ月プラン2400円となっています。初めて利用する人は、まずは短すぎず長すぎない3ヶ月プランから利用してみるのがおすすめです。また有料会員になると、お相手とのメッセージのやり取りは無制限、いいね!のやり取りできる回数の増加、検索結果を上位に表示、といったより良いサービスが受けられるようになっています。

 

男性が結婚を考える5つのタイミング

結婚を考えるタイミングは女性と男性で違ってくるものです。特に男性は結婚すれば家族に対して責任が出てくるものですし、何かしらきっかけがあって結婚を考える人は多いと言えます。

これから婚活を始めるなら、素敵な男性と出会い結婚のチャンスを広げていくためにも、男性が結婚を考えるタイミングについて知っておいた方が良いかもしれませんね。男性の結婚観について知っておくことは、結婚相手を選ぶうえで男性というものを知ることの一環になります。

今回は、男性が結婚を考えるタイミングについて、具体例をあげながら解説していきたいと思います。婚活に対して意識が高まってきた女性の方は、ぜひ以下を参考にし、良いお相手を見つけてくださいね。

彼女から、結婚についての話しをされた時

それまでに付き合っている彼女がいるなら、彼女から結婚についての話をされたことで結婚への意識が高まる男性は非常に多いです。結婚を意識し始めるのは女性の方が早いことも多いです。女性は出産などのタイミングもありますし、結婚式への憧れを抱きやすいのも若い女性の方が多いでしょう。

それに、結婚するならやはり相手の人となりを何年か交際して見極めていきたいものです。それなら、今まで付き合ってきた彼女を結婚相手として意識するのも自然なことですね。今まで仕事やプライベートばかりで結婚のことが頭になかった人でも、彼女から促されるかたちで結婚を決めるパターンはとても多いと言います。

遠方への転勤が決まった時

実は、遠方への転勤が決まった時も男性が結婚を考えるタイミングの一つだと言います。何も知らない土地へ一人で行くのも心細いと考える人も多いのでしょう。だからこそ、結婚相手や彼女を欲しがる男性はたくさんいます。

転勤のタイミングで結婚を意識している彼女がいなかった場合は、結婚を前提として付き合える彼女を作りたいと思うはずです。そのためよく言われるのは、好きな男性に転勤が決まった時は、アプローチのチャンスだということです。

将来の二人の姿がイメージできた時

今付き合っている彼女と、将来の二人の姿がイメージできたときも、男性にとって強くけ婚を意識するタイミングだと言います。普通に恋人として付き合ってくると、意外とその恋人同士の空気感になじんでしまって、結婚につながることはないことも多いです。

そんなとき友人の結婚を聞いたり、ドラマや映画などに触発されたりなどして、自分たちの結婚を考える時期が来ます。そのときにはお互い社会人としてしっかり自立をしているはずです。すると二人の将来の姿がイメージでき、自然と結婚を考えるようになるのです。

交際期間が長くなってきた時

彼女との交際期間が長くなってくると、自然と結婚も考えるようになってくるものです。交際期間が長いということは、お互いにそれなりに年齢を重ねてきているということです。お互いに結婚適齢期を迎えることにもなるでしょうし、このまま付き合っているなら結婚で…と考える男性も多いのです。

そもそも男性には責任もありますし、長く付き合ってきたからこそ今さら結婚しないという理由で別れるのも気が引けるでしょう。また、新しく結婚相手を探すのも大変ですし、今の彼女と心地よい空気が作れているのであれば、そのまま結婚を考えるのも自然なことです。

周囲からのプレッシャーを受けた時

仕事やプライベートが充実していると、自分ではなかなか結婚への意識が高まらないことも多いものです。特に男性は仕事にやりがいを感じて、仕事ばかりになる時期も多いですし、加えて彼女もいなければ結婚を考えるタイミングなんてなかなか来ないですよね。

ですが、そんな男性をやはり周りの人は放っておかないものです。家族や友達、上司などから、結婚適齢期に入れば「結婚はしないのか」という質問は頻繁に飛んでくるでしょう。すると本人は嫌でも結婚を意識せざるを得ません。

友人が皆結婚してしまうと、勝手にプレッシャーを周りから受けているように感じる人も多いはずです。自分から結婚を意識できない人でも、周囲のプレッシャーがきっかけとなって結婚を考え始める人は非常に多いのです。

男性が結婚したくない女性の特徴

自分が思い描いていた年齢、時期にうまく結婚を決められる女性は、しっかりと男性が選びたくなるような魅力を持っている女性が多いです。しかし逆に、男性が結婚したくないと思うような特徴ばかりを持っている女性は、男性から選ばれることも少なくなりがちで、婚期を逃してしまう傾向はやはり強いものです。

 

せっかく結婚願望があるなら、自分が想定していた年齢、時期に幸せな結婚がしたいですよね。そのためにも、自分の中にマイナス要素があるなら少しでも取り払って自分磨きを徹底しておきたいものです。

 

今回は、結婚がしたい女性のために、男性が結婚したくない女性の特徴について触れていきたいと思います。以下のような特徴を持っている女性は要注意ですので、ぜひ気をつけてみてくださいね。

 

 

家事が苦手

家事が苦手な女性は、男性からそもそも女性扱いされないことが非常に多いです。男女平等な社会で、女性でも社会に出てたくさん仕事をしていく世の中になったとはいえ、やはり家事は女性がやるものという無意識のうちに持っている男性もたくさんいます。

 

家事が完璧にできてこそ「女性らしい」と思われることが多いのも事実です。家事ができる女性は家庭的で良妻賢母な印象がとても強く、男性にとっての理想の結婚相手だからですね。

 

家事全般が不得意で、部屋の中をいつも片付けられず、ご飯もコンビニで…という生活を送っている干物な女性は、婚活のためにも生活から改めた方が良いかもしれませんね。家事の能力を磨くことが、素敵な相手と巡り会うことに繋がってくることは間違いないですよ。

 

 

お金にだらしがない

あなたはお金の管理をしっかりとしている自信はありますでしょうか?もしくは、あなたの金銭感覚は一般的なものから大きくズレてはいないでしょうか?お金にだらしがない女性も男性からは疎まれてしまいがちです。

 

お金にだらしがない女性の多くは、買い物などで浪費する癖が強く、「お金がかかる女」と思われることも多いです。一緒にいて必要以上に出費してしまうような女性とは、お付き合いしたくないと考える男性が多いのは当然でしょう。

 

それに、もし一緒に家庭を築くことになれば、家計を共にすることになります。お金がかかる女性、お金にだらしがない女性と一緒の家庭で、男性は一家の大黒柱を務めたいとはなかなか思えないですよね。お金にだらしがないことは、結婚するうえでマイナスなポイントでしかないのです。

 

 

文句や愚痴が多い

一緒にいて文句や愚痴ばかりを口にしている女性は、同性の友達からも嫌われやすいように、男性からもよく思われないことが多いのは事実です。一緒にいてもネガティブなことしか話さないということになりますので、一緒にいて楽しいと思われることがそもそも少ないのです。

 

人柄を重視して結婚する人はほとんどなので、やはり明るくて優しい女性はとても好かれる傾向にあります。一緒にいて心地よい空気、楽しい空気を作ってくれる感じが、男性にとって印象が良いのは間違いないでしょう。普段から文句や愚痴が多い人は、話題にすることを少しでも変えてみることが一番ですね。

 

 

話し合いができない

すぐに感情的になって話を聞こうとしない人や、そもそも自己中心的で他人の意見を聞こうとしない人も、結婚相手として好かれる傾向はないと言えます。なぜなら、結婚生活の中で話し合いや相談は絶対に必要なものだからです。

 

話し合いができない女性とは、夫婦同士歩み寄って良い家庭を築いていくイメージをなかなか持ってもらえないでしょう。幸せな家庭を築いていける良いイメージを持ってもらいやすい女性になるには、話し合いや相談がしやすく、気遣いや優しさに長けていることが不可欠ですね。

なぜ婚活が不調!?婚活が上手くいかないとき振り返りたいこと

婚活という言葉もすっかりおなじみのものとなり、「そろそろ結婚したい」「いい人と出会って結婚できたらいいな」と婚活に励んでいるアラサー・アラフォー女性はたくさんいます。周りに「婚活をしている」と伝えると、温かく応援してもらえることも多いでしょう。

 

しかし同時に、「婚活を頑張っているのになぜか上手くいかない……」と悩む女性も増えています。どうして婚活はなかなか上手くいかないのでしょうか?以下で、婚活が上手くいかない時に振り返りたいことをご紹介します。参考にしてみてください。

 

 

理想が高すぎないか

婚活をすると、結婚相手に求める条件を考えるいい機会になっているという女性もたくさんいます。しかし、求める条件が高すぎる、すなわち理想が高すぎることにより、婚活がなかなか上手くいかないという女性も多いのです。

 

「結婚するなら高収入で、身長の高いイケメンで、優しくて……」と、高すぎる条件を語る女性は多いものです。けれども例えば収入面で考えると、非正規雇用者も多い昨今、正社員の未婚男性の絶対数は少なく、厳しい競争になってしまいます。

 

収入を確保したいならば、女性が働いている場合、自分で使う分は自分自身で稼ぐと考えることもできます。「結婚相手に対して絶対に譲れない条件は何だろう?」と、自分の本当に求める条件を見つめ直すことも必要です。

 

第一印象で判断していないか

婚活では、メッセージをやりとりして一度会ってみようという話になったり、婚活パーティーで直接会ったりして、男性と向かい合って話す機会も数多くあります。ただ、女性と同じように婚活を行う男性が、会話を得意としているとは限りません。

 

一度会って、「なかなか話をしてくれない。つまらない人だ」と第一印象で判断することはないでしょうか?「話すのが苦手な男性=つまらない男性」と決めつけてしまうと、もしかしたら他の条件があなたにぴったりかもしれない、好条件の相手を逃している恐れがあります。

 

人見知りしがちで話すのが苦手な男性でも、2人で会うことに慣れてくると少しずつ話をしてくれ、案外良さそうな人だと思えたり、相性がいいことに気付いたりする場合もあります。第一印象で判断しすぎないことも大切なのです。

 

自分のアピールポイントが整理できているか

あなたのアピールポイントは何でしょうか?料理が得意なこと、家事をきちんとできること、仕事を頑張っていることなど、さまざまなアピールポイントがありますが、中には「こんなことでもアピールできるの?」と自分自身では思ってしまうことが、アピールポイントになり得る場合もあります。

 

例えば、「自分はなかなか積極的に話すことができない」と感じているとしても、周りからは「人の話をきちんと聞いてくれる人」と好意的に捉えられていることも多いのです。短所は長所と表裏一体です。自分では短所と感じているところを、相手は長所と受け取ってくれるかもしれません。

 

一見短所に見えることでも、あえてポジティブに長所として受け止め、アピールしてみると、新たな魅力につながる可能性が高まります。自らの性格や性質をさまざまな面から眺めてみて、アピールできるポイントを探っていきましょう。

 

自分に合った婚活のやり方ができているか

人には向き不向きがあります。人と話すのが得意な人もいれば、文章に書くことで自分自身を上手く表現できる人もいます。婚活にもさまざまな方法がありますが、自分に合った婚活のやり方をきちんと選べているでしょうか?

 

人と話すのが得意な人は、婚活パーティーなどで初対面の男性と話しても楽しく盛り上がれます。逆に、話すのが苦手な人が婚活パーティーに参加すると、なかなか自分のことを上手く話せないことも多いでしょう。自分に合った婚活のやり方ができているか、いま一度確認してみてください。

男性警察官の3つの特徴|警察官はどんな男性が多い?

家出人の捜索からテロリストとの対峙まで、役職によって仕事内容は違えど、市民の安全を守ってくれる警察官は、やはり我々のヒーローです。そして、ヒーローの警察官になるような男性は、次のような性格や特徴に当てはまっているケースが多いです。

1)リーダーシップがある

警察官の仕事では犯人逮捕等に向けて、1秒1秒の瞬間が大切になります。そのため、いかなる時でも冷静に状況を見極め、部下に的確な指示を出したりとっさに判断して行動しなくてはなりません。判断を間違えた場合、「人命に関わる重大な過失」に繋がりかねません。ですから、判断力が乏しかったり、おどおどしている人は警察としては上手くやっていけないのです。そしてリーダーシップを持っている男性が多いです。

警察官の男性は論理的思考を持っていて、幼少期から輪の中心に立って皆をまとめていた人が多いようです。そのため、おっとりとしたタイプの女性は窮屈に感じる事も有るかも知れませんが、いざという時には警察官の男性はとても頼りになります。

2)子どもの頃から正義感が強い

警察官の男性は正義感が強い人が多いです。警察官は、現実世界におけるヒーロー的立場です。しかし簡単になれるような、職業では有りません。様々な条件が存在しますし、テストに合格したりノウハウを学ぶ必要も有ります。だから、警察として活躍している人たちは、子供の頃から警察官になりたいと言う夢を抱いていて、努力してきた人ばかりです。遅くても中学生の時には、夢を固めていた人がほとんどでしょう。

しかし、警察になりたいという夢は、「かっこいいから」とか「お金が入りそう」等といったぼんやりとした理由ではなかなか成し遂げられません。市民の役に立ちたい街(国)を守りたいという、正義感が大切になってきます。そのため、夢を持って警官になった男性は、幼少期から勇ましいヒーローに強く憧れていたと考えられます。なかには特撮ヒーローになりたいと言う夢から発生して、警察を目指した人もいるでしょう。

3)体育会系で厳しくも優しい

また、警察官は正義のヒーローですから、性格が優しい人も多いです。けれど、ただ優しいだけでは人を救ったり悪者を捕まえる事は不可能なので、同時に厳しさも持ち合わせています。

また、警察学校の必修科目に柔道や剣道があるように、体力や筋力を求められる職場です。さらに縦社会で個々で動く時は有れどチームワークが大切になるので、団体行動が得意で体育会系な人が集中します。もちろん全ての男性警察官が体育会系というわけでは有りませんが、上手く立ち回っている人は上のようなタイプに当てはまります。そのため私生活でも、時に厳しいこと言って来るかもしれません。

いつでも優しくされたいという願望が強い女性だと、折が合わないと感じる事も出てくる可能性もあります。厳しさの中に優しさや愛情が隠れていると受け止める事で、気遅れする気持ちも減っていくので覚えておきましょう。

最後に

警察官の男性は、誇りと使命感を持って職務を全うしている人たちが多いです。仕事を一生懸命頑張る男性は、女性の目からみてとても魅力的ですね。警察官の男性は、上記の通り多少の忍耐力が必要な可能性もありますが、正義感が強く真面目な男性が多いので、安心して付き合える存在と言えるでしょう。

警察官との交際・結婚で味わう、3つの苦労と大変な点

住民の安全な暮らしを守る仕事、警察官との交際や結婚を夢見る女性は少なくはないと思います。ただ、警察官は、気遣いや苦労の多い仕事だともいえます。

警察官の男性とお付き合いしたり、将来的に結婚してみたいなあ、と思う方は警察官との交際・結婚で味わう可能性のある苦労や大変な点を知っておきましょう

1)警察官は時には悩みを話せない時がある

どんな仕事も、業務上で知り得た情報を、外へ漏らすことは厳禁ですが、特に警察官の場合はその傾向が強いです。「仕事でこんなことがあってね」と気軽に話すことは出来ません。そのため、交際相手・結婚相手の女性はやきもきしてしまうこともあるかもしれません。

そんな時にそっとしておく器の大きさや、強い精神を持つことがとても大切です。警察官であるお相手が誰にも相談出来ず辛い時もあるでしょう。ただ、女性もそれに参っていたらお付き合いは長続きしません。彼が何かあって辛そうにしていても、彼から何か話して来るまでは、そっとしてあげましょう。

ただ、彼からのSOSを見逃してはいけません。警察官の彼女・奥さんは観察力がとても大切になります。警察官の彼が何も話してくれないからといって、こちらも距離を取ったり、疑ったりすることは厳禁です。落ち着くまでそっとしておく器の広さと、相手を思いやる優しさが大切です。悩んでそうなのに何も話してくれないと問い詰めるのは、二人の仲を引き裂くことに繋がる可能性があるのでやめましょう。

2)警察官は、縦社会なので飲み会が多い

警察官は、超がつくくらい縦社会なので、想像以上に飲み会が多い組織です。事件が解決した、昇進したなどある度に飲み会が沢山あります。若ければ若いほど断る理由がありませんので、週に3回なんて時期も沢山あります。そんな時にまた飲み会?なんて問い詰めるのはやめましょう。

縦社会なので断る理由がありませんし、古い組織ですので付き合いが悪いなんてなり兼ねません。若いカップルならば急な飲み会でデートがドタキャンなんてあり得ますし、結婚しているならば飲み会費がかさんで生活が苦しい時があるかもしれません。ベテランの警察官の方は若い時には飲み会が多く、よくやりくり出来たななんておっしゃっています。とにかく飲み会の機会が多い社会ですが、ある程度理解を示す必要があります。

3)警察官は、とにかく急な仕事が入る

警察官は、とにかく急な仕事が入ります。そのため、予定していたデートがドタキャンになったり、自宅に帰れないなんてことが多々あります。仕事柄明日でいいやでは済まない事がほとんどですので、連絡が取れない帰ってこないなんて状況がざらにあります。

警察官にとって彼女より家庭より優先する事が沢山あります。そんな時に仕事と自分を天秤にかけて、問い詰めるのはやめましょう。警察官だって1人の人間ですので彼女や家庭は大切ですが、それよりも人の安全な生活を大切にしなければいけない仕事をしているのです。警察官になった時から厳しくそんな教育を受けていますので、世間とのずれを実感する時もあるかもしれません。

職種にもよる部分もありますが急な呼び出しも良くあることです。遠出するにも許可を取る必要がありますし、滞在先も伝える必要があります。ご飯を食べようとした途端呼び出しが容赦なくかかりますし、犯人逮捕なんて時は何日も帰れない時もあります。24時間時間を無視したような勤務形態もあるようですし、眠いなんて言ってられないようです。

まとめ

警察官は公務員であり人を守る仕事柄、異性にモテる傾向があります。そして、実際に結婚している方はお相手がすごく出来ている方が多いです。交際したり結婚するには普通の結婚よりも苦労する部分はかなりありますが、素敵な関係の方が多いのも事実です。

交際や結婚において苦労する部分ばかりをみてしまいがちですが、是非身体をはって人の為に働いている所に目を向けてみましょう。警察官の彼や旦那さんを持てば、きっと不満どころか、そんな彼を誇りに思い、尊敬してやまないでしょう